仕事

2011年11月 9日 (水)

マルチ商法は本当に悪なのか?

ということで今回日記書きます。
でも特定の会社を擁護したり薦めるわけでは無いことを先に言っておきます。

結論から言っちゃうと「別にアリじゃね?」と思っています。
これかなり難しい問題ですが、最近は避けて通れない。

法律を守った仕組みでやっているのか?

これはそうでないと企業が警察に捕まります。
ですのでその部分に関してはメジャーなものはセーフです。
この部分に関しては企業側の倫理や体制にユーザー側が信じるか、
自分で勉強して徹底的に調べ上げるしかありません。

商品は本当にまともなものなのか?

すまんがこれも企業を信じるか、自力の調査しかない。
ただ、最近は一万円程度で試せることも多いので身を持って判断となる。

上記2点に関して議論をしてしまうと終わらない話になるので、
ちゃんとした商品で、法律を守っている企業という前提で話します。

さて、マルチ商法ですが、今はマルチレベルマーケティングとか、
ネットワークビジネスという呼び方になっています。
ですのでココでは略してMLMと表記していきます。

実は最初に務めた会社がMLMの会社でした。
商品はいいもので、法的にも問題ない商品でした。
ですからMLMに関しては全く偏見を持ってません。

その後10年以上MLMから離れていますが、
色んな方から色々なMLMのお誘いを頂いております。

その中で、特に会社を辞めた後、他のMLMを見てると、
失敗する人って実は大概パターンが決まっていることに気づきました。

その1 謝金背負って騙されたっていう人

これはもう、原因がわかりきっています。
ランクダウンしたくないため、在庫を必要以上に持った方です。
もちろん契約内容がひどい場合もありますが、
必要以上の在庫を持ち、借金を背負うよりかはいいでしょう。
借金背負って騙されたっていう人のほとんどがこのパターンでした。

その2 途中から完全に回りが見えなくなってる人

創価学会の狂信的盲目者と一緒、キモイ。
自社の製品を否定されたり、MLMを詐欺って言われてムキになって怒る人。
これはもう、いくらまわりが「あなたおかしいよ」と言っても、
自分が正義の使者で、絶対正しいと思っているので手が付けられません。
その1のパターンになって絶望するまで目が冷めませんので放置しましょう。

その3 会社の方針の売り方じゃなく、オリジナルする人

社員の時に成功してる人、他のMLMで成功してる人の共通点、
それは会社の推奨する、もしくは成功者のパターンを愚直にマネする人。
これをしてない人は天才でもない限り絶対成功してないです。

と3パターン書きましたが、結局は無理ぜず愚直にやって、
狂信的にならなければ、儲からなくてもその商品で健康になるんだから、
失敗がないってことなんです。

MLMで扱っている商品は健康になる商品です。
ついでに知り合い紹介して、健康とお金両方手に入れようって商売です。

だから会社、代理店、ユーザー、誰も損しないはずなんですね。
っていうかwin-winの関係ってやつです。

なのでその商品に価格に見合う価値があるのか、そこが大事になります。
よってMLMは悪ではないとぼくは考えています。
 

2011年7月11日 (月)

交流会が先か、勉強会が先なのか!?

最近Facebook交流会や勉強会に出席するようになっています。

そこで色々勉強しているのですが今までの反省点がいくつか見えました。

ITの会社ではiPhoneの講師、パソコンの初心者講習会などをしていました。

建設会社では同じことをしようとしてあまりうまくいきませんでした。

初心者講習会が一番人気があり、うまくいったと思うのですが、

いままでのなかで一番の違いはいったいなんだったんだろうと考えると、

初心者講習会での場所、喫茶店でやったのがよかったのかと思います。

もちろん会社の情報発信力や背景はすごくあるとは思うのですが、

人が集まるところで気軽に来れるのがよかったのかと思います。


で、そう思うと最近の交流会からの講習会はその流れがあるのかなぁと。

今までは講習会は先で、勉強会が後だと思ってたのですが、

実際は交流会などで自分や会社の魅力をPRして、話を聞きたいと思わせ、

情報発信源を広げてからの交流会が一番集客できたのかなぁと感じています。

最近見て成功、人気がある勉強会は全部そういう流れになっているのだとおもいました。

次回チャンスがあればそのような流れで進めるよう計画しようと思っています。

 

2011年6月 1日 (水)

解雇になったらしとくこと

今回会社から不当解雇されてしまった訳ですが、

市役所に色々相談に行ってわかったことがいくつか。

雇用保険受給中の市民税県民税の減免について
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4272954.html

失業者の方に対する保険料等の軽減制度
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000007754.html

国民年金保険料(第1号被保険者)の免除制度
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000007763.html

意外と免除されることが多いようです。

解雇されたときのサイトを見てみると、

会社との戦い方、お金をどうやって取るかを記載している弁護士が多いですが、

こういう重要なことを書いているサイトは少なく感じます。

色々な弁護士のサイトを見たのですが、

こういうことを一旦聞いてみましょうなどと書いてあるとこは、

SEO的に上位にはなかったのです。

ってことはこういう事を一緒に掲載するサイトを作れば、

その弁護士さんのサイトは信用が高くなるんじゃないかなぁって思ったりします。

まぁ解雇された人が相談しに来たときに一枚チェック項目の用紙を作り、

相談者にこれだけはしたほうがいいよとか渡すと、

「ああ、ここの先生は真剣に考えてくれて経験が多いんだ」

と相談者が思い込むんじゃないかなぁって思ったりします。

しかしこういう立場になって色々分かることがあるので、

ハローワークや市役所は速攻行くことが大切ですね。

思ったより公務員さんは真剣に相談に乗ってくれる人が多かったですよ。

2011年5月29日 (日)

派遣業について(2)

※2009-1-9 に書いた記事です。

とまぁ前回は正論を言ってみたわけですけど、
グッドウィル時代の本音も。

当時給料の低かった会社がもう嫌になってグッドウィルの内勤になりました。
正社員に何度も誘われたけどならなくてよかった(´ρ`)

そのなかで出会った人はとんでもない人が何人もいました。
面接に来たのに横柄な態度をとる人や言葉使いを知らない人、
平気で遅刻をする人がまずはいました。

次に人間的に問題がある人。
見た目もうすでに危ないなぁって感じる人。
その人は現場に行くと必ず帰らされるんですね。
「こんなやつ派遣してくるな」って怒られます。
コミュニケーションがとれないんですね。

またお金が何故か全く無い人。
引越しに行くと集合と解散は別の場所になります。
ですからかならず1,000円は持っていきなさいと指導するんですね。

でもそういう人は「お金ないんで迎えにきてください」って平気で言う。
現場にも他の人に乗せて行ってもらうのが当たり前と思ってる。
で、本社のクレーム担当に平気で電話する。
内勤や店長に平気でお金を借りるのが当たり前と思ってる。
「行ってやるからお金貸してよ」だからね。

すごかったのは退社してから電話がかかってきた女の子。
仲の良かった女の子の旦那に犯されてはらんだらしいと。
しかしよくよく話を聞くと同意のうえでの事でした。
で、連絡がつかないので住所とかを何とか教えてくれだって。

ぼくは退社してたのでなんとも出来ないと言ったんだけど、
今度は泣きつかれて相談。
もちろんそんな事言われても全然知らないんだから対処できないでしょ。
ほんとこまった人たちでしたよ。

また住居の紹介もしてあげた事あるんだけど入居しなかった。
パチンコや賭け事で全部すっちゃうからアウト。

そんな人たちが多かったんですね。


さて、上に上げた人たちの中で女の子以外は全員長期の派遣の方々です。
長期派遣しながらグッドウィルもしてる人たちの3割位がこういう人です。
で、よく働きに来る人の割合からすると5割に達します。

また、近所のコンビニで迷惑行為をしている人もこの手の人でした。
こうなるとどうしても冷たい目で見られるのは仕方ないのかと思ってしまいます。

派遣を手配する立場だったのですから派遣を否定はできません。
でも派遣はやはり繋ぎなのです。
次のステップへ行くための繋ぎとしか考えないで下さい。

飲みに行くのはキャバクラとかでは無く、人の集まる場所、
バーや居酒屋、それも友人を作れる場所へ行きましょう。

ぼくは今までの経験上派遣の人に言いたいのはこれだけ。

派遣は本職とは思うな!早く次へ行く準備を!

それでも派遣がいいならまた同じ事になっても文句なしでいてくださいね。

派遣業について(1)

※2009-1-8に書いた記事です。

最近各所のニュースで派遣切りが問題になっています。
たしかに職を失った方は大変でしょうし苦しいでしょう。

でも派遣って給料良かったはずでしょ?
ぼくも一時期考えた時期がありましたよ。

でも前提条件として派遣というのは人がいない場所に行く仕事。
人が余れば切られるのが当然という意識がありました。
これはあのグッドウィルで働いていた経験から学びました。

グッドウィルの場合は日雇い派遣ですので人が足らない場所から依頼が来ます。
そこで素人でもできる単純作業を日雇いの人にしてもらい、
ほかの作業を専門知識のある正社員が行うという形です(本来はね。)

トヨタやキャノンの場合も期間が長いか短いかの差です。
人が必要でなくなれば企業としても切るしかありません。
給料の高い理由はそこにあるのではないでしょうか。

確かに地方では働く場所が無く泣く泣く派遣に来た人もいるでしょう。
企業が倒産し仕方なく派遣に来た方も大勢います。
家族を養うため給料の高い派遣を選んだ方もいますよね。
ぼくは刈谷在住ですからそんな人山ほど知ってます。

でも、敢えて言わせてもらうとすれば、

今までその後の事考えなかったの?

ということになります。
だって何度も不況の波はあったわけだし経験は一度や二度じゃないでしょ。
ぼくだって何度か転職をして今の職に就きました。

mixiの方に書きましたが前職は給料がちっとも上がらずでした。
派遣の知り合いにトヨタで働けよって何度も言われましたよ。
でもその前に東海アカペラ情報局を立ち上げた経験を生かして、
SEOやらサイトの作り方を覚えて今の会社に駄目もとで受けに行ったのです。

今は帰りが遅いですけど結果IT業界で働く事が出来てますよ。
まずはそういう事を進めてはどうなんでしょうか。
また人脈を作る努力をしていれば「うちで働く?」
なんていってくれる人もいたはずですよ。

どんな職でも働く場所はあります。
一生懸命やってきた人は今再就職できてるはずです。

まずは親兄弟友達親戚に頼んでみてもいいから探してみましょう。
絶対何とかなりますよ。

2011年2月23日 (水)

やりなおし。

転職してしまったのでブログを書きなおしです。

タイトルも修正しちゃいました。

さてと、他に書いたブログも今日からコピペ作業です。

2010年1月23日 (土)

休日出勤

今日は悲しい休日出勤だったんだけど、
打ち合わせの相手がすごい尊敬しているある会社の部長だったので、
まぁ良かった感じでした。

明日は2009年に参加した婚活パーティであった相手とのデート。
さぁプライベートも充実してきたけど、
どうなるだろうね。

2010年1月17日 (日)

とりあえず明日から心がける事

どうしたら成功すると考えてみて、
成功者のアドバイスはまず実行しようかと思う。

・・・とはいってもだれの言う事を聞けば・・・。

って考えて一番身近な成功者をまずは選ぶ事に。

うちの会社創業10年だけど、結構頑張ってるんよ。
社長と専務と相談役で起業して、社員18人。

そう考えるとまずこの2人がそうだよね。
専務なんてぼくが色々な職を経験した中で一番尊敬できる人だし。

次に常務。
じつは苦手だったりするんだけど(笑)、パートから常務にのし上がった女性。
こりゃすごいと思ってもいいと思う。

なのでちょっと考えた事。

・役員3人のアドバイスは素直に実行してみる。
・同じく注意をうけたらすぐに改善してみる。
・怒られるかもしれないけど、理由が分からなかったら聞いてみる。

上司のいう事を聞くYESマンになるわけじゃないけど、
まずは試してみない事にははじまらないからね。