映画・テレビ

2011年6月 8日 (水)

もしドラ(映画)みてきた!


もしドラを観てきました。

初版本からもしドラのファンなので、観るだけ観ようかと。



感想ですが、難しい評価ですね。

確かに悪くはないんです。

AKB48ファンや、前田敦子ファンが観て、もしドラに興味持てば・・・

そんな視点なら宣伝映画としてならきっかけ作りにはなる。

でも本、アニメ、映画と観てしまうと、ちょっと物足りない。

ドラッカーファン、もしドラファンはレンタルでいいかもしれません。


おしぃなと思ったのは、石塚さんと青木さやかのシーン。

ああいうのを全編にちりばめてたなら、まだよかったんだけど、

あそこだけ別の作風になってしまったのでとても勿体無い。


また、前田敦子はちょっとあわなかった。

演技は悪くないのですが、前田敦子は前田敦子。

キムタクと一緒で、本人にしかみえないんですよねぇ。

できれば普通の女優さんにしたほうが良かった気がします。

商業的にそういう配役だったのかもしれませんが、

前田敦子は脇役や準主役のほうが映えるように感じます。

龍馬伝での演技が良かっただけに勿体無く思いました。


総合的に評価すると、もしドラが気になって、読んでない人にはオススメ。

本から入った人にはちょっとすすめれないかなってとこでした。

っていうか、あの本の内容を2時間にまとめることに無理が。

導入としては決して悪くない内容だと思いますので、

本を普段読まない人にもしドラをすすめるきっかけにいいです。

でもぼくは最初っから本から読んで欲しいですね。