« 2014年6月 | トップページ | 2015年3月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

SSDを交換してみた。

PCのSSDの容量が120GBだったんだけど、インストールしていくうちに容量が足りなく・・・

困ったのでSSDを256GBに交換してみました。

しかし色々間違えをしてしまったのでメモ代わりにここにかいておくことにします。

今回購入したのはCFDの東芝製SSD、サムスンもあったんだけど韓国嫌いなので日本製(w

これを購入したのですが、一切説明書などはついていません。

なので実力で何とかするしかないのが大変なところ。

でもまぁ今まででも何とかしてきたし、できるだろうと思ったのが地獄の始まりでした・・・。


▼その1 フォーマット MBRやGPTってなんやねん

最初SSDを接続してPCで確認してみると認識されてない。

「スタート」→「コンピューター」上で右クリックして「管理」を選択し、

左側にある「記憶域」から「ディスクの管理」を左クリックし、

「ディスクの初期化」ダイアログ画面で希望するパーティションスタイルの

MBRまたはGPTを選択することになるのですが、なんかGPTがよさそうなのでそっちを選択(w

後述するコピーソフトを利用してSSD交換するのですがまったく起動せず。

コピー自体はうまくできてるのに何でだろう・・・ってのが2日間続きました。

結論から言ってしまえばwindows7の場合、MBRでしなきゃいけなかったみたいです。

判明した理由はあきらめて新規インストールしようとすると、

「GPTじゃインストールできないねん、MBRでよろ(w」とインストール前に言われたので。

ってことは買ったときの状態にもどせばいいのか・・・しかし、その方法がわからなかった。


▼その2 買った状態にもどすって?

じゃぁ戻せばいいんだけど、色々なソフトでフォーマットしても戻らない。

色々検索して最後に「MBR フォーマットしなおし」でやっと方法判明。

とあるヲタクの超電波ブログさん

ここでやっとGPTとMBRを選択する前の状態に戻せました。

こんな簡単だったなんてここまでの苦労は・・・。


▼その3 さぁコピーだ!!!

最初からクリーンインストールなんてめんどくさくてやってらんねぇ!!

なので今回はCドライブをそのままコピーしてしまおうという作戦です。

しかしここは本当は何度もやってたことだったりする(w

だってさぁ、その1とその2で何度も失敗(ry

方法はこちらのサイトを参考にさせて頂きました。

http://pururu.ninpou.jp/pc/etc/drive_clone.html

このEaseUS Todo Backup Freeが優秀で、なにもわからなくてもスイスイすすめられました。

失敗の中でちょっと感じたのが、USBでのコピーとSATAでのコピーをしたのですが、

やっぱ中開けてSATAでつなげてコピーしたほうが早いってことでした。

接続キット、USB3.0対応のもの買おうかなぁ・・・。


▼その4 BIOS設定はいります

たぶんやったことない人が一番困るのがここかもしれないです。

その3まではちゃんと気をつければそんなにむずかしいことじゃないです。

大体が見たことある画面で進んでいきますからね。

ここでする作業が、今までのSSDを新しいのに交換して、PC起動する作業です。

しかし、一度BIOSを立ち上げてちゃんと交換したSSDを起動ドライブにしないといけません。

ただ色々調べてみると、ここも要らないことが多いみたいですね。


で、ここまでで完了。現在は何の問題もなく快適に稼動しています。

調べた中で気になったのはやはりいらないソフトはどんどん消してゆくこと。

あと当たり前ですが、データはDドライブに持っていくことですね。

これを機に再度windowsのメンテを徹底的に調べてみようかなぁ・・・。


--------- こっちもよろしく! ---------

Facebook:http://www.facebook.com/shin1row

twitter:http://twitter.com/shinchar

2014年7月 2日 (水)

「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」

今回は池上彰さんの宗教の本です。

最近TVもまた出るようになり、林修先生というライバルも出てきましたね。

さて、宗教というと日本人はなかなか関心を持ちません。

それはやはり戦後の教育に問題があるからなのですが、

その前に世界の宗教観と日本人の宗教観が違いすぎることもあります。

本の中にもありますが、日本人の無宗教と外国の無宗教は違います。

日本人の場合、日常生活に自然に感謝の心やもったいないのような、

神道的な習慣が根付いてしまっており、無宗教と勘違いしてる部分があります。

○○学会の方の主張の「日本人は無宗教で信心深くないo(`ω´*)o」

なんていう馬鹿会員に騙され、それを信じちゃってる方がいますねぇ。

狂信者の言うことなんて聞いちゃダメ、

まともな創価学会員さんはちゃんと日本人の宗教観を理解してます。

おっと、話がそれた。

で、この本で世界の有名宗教と日本の有名宗教の基本が理解できます。

池上さんと専門家の対談でわかりやすく解説してありますから。

そして宗教と国の関係性も解説されていますので、

アメリカの政治背景、中東の問題の内容、既存宗教の問題など、

意外と知らなかった、知ってたらニュースがよく分かるような内容です。

しかし最近創価も一部以外、頭のオカシイ人も減り、2世3世でまともな方が増えた。

オウムの事件があってから、新興宗教の恐怖があり、そういうのに入る人も減った。

そのかわりゆるい宗教というかパワースポットとかが増えましたね。

この本にも書いていますが、ゆるい平和な時代にはゆるいお参りが合うのでしょうか。

また、震災で見せた日本人の礼儀正しさ、助けあいの精神は、

神道、仏教、キリスト教の良いところをすなおに受け入れてきた、

日本人の無意識レベルの信心深さにあるのかなと思います。

だからこそ外国人の宗教観がいまいち理解しにくい部分があるのだと思っています。

そういうことを理解する上でもこの本は読んでいて損はない本です。

次回はちょっと宗教を理解するために面白いマンガを紹介してみます。

--------- こっちもよろしく! ---------

Facebook:http://www.facebook.com/shin1row

twitter:http://twitter.com/shinchar

« 2014年6月 | トップページ | 2015年3月 »