« 鯖江のpaperglass | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »

2014年6月30日 (月)

「誰も教えてくれないお金の話」

アメブロのほうのID、パスがわからなくなったのでこちらにコピペ。

何冊も照会文を書いたのでちょい移していきます。

まずはうだひろえさんの「誰も教えてくれないお金の話」

この本をなぜ紹介するかというと、

ぼくのお金に対する考え方を変えた中の一冊だからなのです。

この本を買ったのはなんとなくビジネス本を探している時。

お金に対しての考え方を少しづつ考えていて、

「世の中お金じゃない!」という考え方への疑問が最高に高まっている時でした。

2月にこの本を手に入れたのですが、

3月11日以降本格的に本格的に変わりました。

その話はまぁ別の本で・・・。

で、この本を買ったきっかけはプロローグのうだひろえさんが言った一コマ。

「そんな生活いやだ・・・!!」

仕事を頑張ってもお金に追われ、思い悩む。

そんなヒトコマに「ドキッ!」としたからです。

特に保険に関しては完全に考え方が変わりました。

当時13,000円もの高い保険に入っていたのですが、

そんなバカバカしい、高い保険に入らなくていいことに気づきました。

今は2,300円で十分安心できる保険に入っています。

なんと!!一万円の差があるんですよ!!!

一万円あったら、名古屋一回飲みにいけます!(安いw)

登場する人たちも、身近な悩み、経験をした方が出てくるので参考になります。

この本はみなさんに一度目をとおして欲しい。

身近なところからお金に対する経験がほんと変わってきます。

不動産、経営に関するお金のこと、保険、国の保証など、

本当にぼくはなにもお金に関して知らなかったんだと衝撃を受けました。

今書店に行けばどこでも置いてあると思いますので、

今からでも買いに行っていいお勧めの本です。

さぁ、レンタルついでに手にとってみましょう!

--------- こっちもよろしく! ---------

Facebook:http://www.facebook.com/shin1row

twitter:http://twitter.com/shinchar

« 鯖江のpaperglass | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「誰も教えてくれないお金の話」:

« 鯖江のpaperglass | トップページ | 「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」 »