« 2012年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

「誰も教えてくれないお金の話」

アメブロのほうのID、パスがわからなくなったのでこちらにコピペ。

何冊も照会文を書いたのでちょい移していきます。

まずはうだひろえさんの「誰も教えてくれないお金の話」

この本をなぜ紹介するかというと、

ぼくのお金に対する考え方を変えた中の一冊だからなのです。

この本を買ったのはなんとなくビジネス本を探している時。

お金に対しての考え方を少しづつ考えていて、

「世の中お金じゃない!」という考え方への疑問が最高に高まっている時でした。

2月にこの本を手に入れたのですが、

3月11日以降本格的に本格的に変わりました。

その話はまぁ別の本で・・・。

で、この本を買ったきっかけはプロローグのうだひろえさんが言った一コマ。

「そんな生活いやだ・・・!!」

仕事を頑張ってもお金に追われ、思い悩む。

そんなヒトコマに「ドキッ!」としたからです。

特に保険に関しては完全に考え方が変わりました。

当時13,000円もの高い保険に入っていたのですが、

そんなバカバカしい、高い保険に入らなくていいことに気づきました。

今は2,300円で十分安心できる保険に入っています。

なんと!!一万円の差があるんですよ!!!

一万円あったら、名古屋一回飲みにいけます!(安いw)

登場する人たちも、身近な悩み、経験をした方が出てくるので参考になります。

この本はみなさんに一度目をとおして欲しい。

身近なところからお金に対する経験がほんと変わってきます。

不動産、経営に関するお金のこと、保険、国の保証など、

本当にぼくはなにもお金に関して知らなかったんだと衝撃を受けました。

今書店に行けばどこでも置いてあると思いますので、

今からでも買いに行っていいお勧めの本です。

さぁ、レンタルついでに手にとってみましょう!

--------- こっちもよろしく! ---------

Facebook:http://www.facebook.com/shin1row

twitter:http://twitter.com/shinchar

2014年6月26日 (木)

鯖江のpaperglass

今日ガイアの夜明けを見ていたらすごい老眼鏡を見つけました。

うすすぎるっ!

ちょいこれぼく老眼になったらかけたいって思いました。

http://www.paperglass.jp/

鯖江の眼鏡部品メーカーがつくってるとのこと。薄く軽いってのがポイント。

めがねって結構厚いし、かさばるし、鼻がうざく感じるのにこれはそれがない。

動画では手帳に挟めちゃうって薄さ。

普通の眼鏡で出してほしいくらいじゃないのかな、これ。

ただ欠点は納期がいま3ヶ月もかかるらしいことかな。

眼鏡使ってる人は一度これどうなのか見てほしい気がしたので紹介しました。

--------- こっちもよろしく! ---------

Facebook:http://www.facebook.com/shin1row

twitter:http://twitter.com/shinchar

ameblo:http://ameblo.jp/shin-char/

2014年6月25日 (水)

天元突破グレンラガン

これ。知ってる人も多いと思いますが名作を紹介。

かなりあつくるしい王道の物語。

お話は3部構成っぽい感じになるのかな。

熱い男の物語なので何度か泣きます。

どこで泣けるのかはネタバレになるので言えませんが、最近の萌えアニメにない魂を感じます。

Youtubeは最終回のシーンですが、ここでも魂が熱くなり泣けます。

しかしストーリーが判っていないとまったく意味不明。知ってる人は一緒に叫んでしまう(笑)

なんでこれを紹介したかというとスーパーロボット大戦をやったからなんですが。

今回は最終回のこのシーンまで物語が進むんですよね。

熱い魂の王道って最近なくてさみしいなぁ。

動画やスパロボやったひとで気になった人はぜひ見てください。

--------- こっちもよろしく! ---------

2014年6月23日 (月)

久しぶりのブログです。

どうやら2012/5以来ブログを書いていなかったことに気づいて久々に。

アクセス解析を眺めてみると意外と訪問者が多い。
なんでかなぁ・・・と思って見て見ると配線のまとめに人気が集まってた。

NEVARまとめに掲載されていてそこからの訪問者が多かった。
みんな配線には苦労しているんだなぁと感じた瞬間でした。

そういやケーブルに勤めたときや、電気屋での回線取次ぎの仕事中にお客さんと話した時、
ここのブログでアイデアを提案するとすごく喜んでくれてました。

まぁ今後もできるだけ役立つ事書くつもりだけど、性格上言いたいことしか書きません(笑)

« 2012年5月 | トップページ | 2014年7月 »